052-908-4795
電話受付時間 平日9:00-18:00
佐藤なうsato-now

壁マニュアル(社会保険の壁と税金の壁)NO.1

よく「〇〇の壁」という話題を耳にします。イメージとしては、「〇〇の金額までしか働いて行けませんよ」といった所でしょうか。今回詳しく3回に分けて取り上げてみたいと思います。
実は壁にもいくつか種類があり、その中でも金額が変わります。最近は社会保険の壁(106万と130万)で、「年収の壁・支援強化パッケージ」と呼ばれるものが岸田総理から発表され、話題になっております。
※当HPでも載せておりますので参照ください。
ややこしいところは他方で103万の壁、150万の壁、更に言うと、100万、201万、なんてのもあるんです。
もう何がないやら・・・ですよね。それぞれの違いは後半で取り上げるとしまして、今回は大きく「社会保険」のことなのか、「税金」のことなのかを考えてみます。

結論を言いますと、社会保険の壁は(106万と130万)、それ以外(100万、103万、150万、201万)は税金のお話です。
この金額を見るときに「扶養」という言葉が出てきます。ここの違いが重要なのですが、税金面の扶養は、扶養「する」側(夫)が得をする話であり、社会保険面の扶養は、扶養「される」側(妻)が得をする話です。※話を分かりやすくするために、夫・妻としております。

もう一つ、よく間違える違いなのですが、この金額の数え方です。
明確に違いますので注意が必要です。

・社会保険の壁(106万と130万)
こちらは「扶養に入ったり、抜けたりする時点」で見て、これからの「見込み」の額をいいます。ですから、例えば夏休みなどで急に仕事が増え、その月の給与が倍近くになってしまった・・・88,000円を大幅に超えるから扶養から外れなければ・・・ということではありません。1年間をトータルして上記金額に収まるようなら大丈夫と言うことです。次に記載します、税金の壁(1月~12月までの合計)ではないということを確認ください。

・税金の壁(100万、103万、150万、201万)
この中の100万以外は所得税に関する壁です。
こちらは、その年の1月から12月の1年間の収入総額で判断されます。 ここで合計する給与額は、手取りではなく、税金や社会保険料を引かれる前の給与で、掛け持ちや途中で辞めたバイトやパート代も合算します。また、税金の計算における収入には、通勤手当(非課税限度額まで)、失業手当などを含みません。

100万は住民税の壁です。
年収が100万円を超えると一般的に住民税がかかります。 自治体で少し金額にずれがあるので注意が必要です。

次回はそれぞれの壁を詳しく見てみようと思います。

関連記事

生きて行くこと
今朝、こんな記事を見ました。医師:「この病院に来た理由は何ですか」男性:「安楽死するためです」医師:「点滴を開けたら、何が起こるか理解していますか」男性:「静かに眠りに入り、数分後に心臓が止まります」医師:「そうです。あなたの心臓は止まって死にます」男性:「は…
無期転換ルールですが、5年のカウントは通算される?
こんな問い合わせがありました・・・Q、アウトソーシングを業務としている会社です。あるお客様の業務を今回従業員ごと転籍をしてもらうことになりました。この場合、期間に定めのない社員となり得る5年のカウントとしては、同じ職場で同じ業務であっても、弊社に転籍になった時…
運送会社のお客様、南区の学習塾の先生と・・・
運送会社のお客様のところへお邪魔したのですが、毎回おいしいコーヒーを頂けます。喫茶店のコーヒーですので一味違います。昨日も色々お話ができました。総務担当の方がとてもできる方で、できる方は手続き等もすべて自社でやられますので、我々社労士の出番はあまりないのですが…
CONTACT

お電話でのお問い合わせ

052-908-4795

電話受付時間 平日9:00-18:00

メールのお問い合わせ

お問い合わせ

24時間受け付け