052-908-4795
電話受付時間 平日9:00-18:00
佐藤なうsato-now

退職した社員から内容証明が・・・残業代の未払いに対するものでして

こんな問い合わせがりました・・・

Q、ある代理人弁護士から内容証明が送られてきました。
どうやら退職した社員がこの弁護士を通じて、未払い残業代を支払う内容のものです。
中身は、「2年分の残業未払い代金を請求する。2週間以内に雇用契約書、タイムカード、就業規則の書類提出を求める」内容でした。どのような対応がベストでしょうか。

A、会社側の対応によっては、労働審判の申立てや訴訟提起をされる可能性があることを考えながらの対応ということになります。相手も弁護士を立てて、覚悟の上で請求していますので。
ただ、いきなりこのようなことをする、ということは考えにくく、今までにかなり会社との間でもめ事や交渉があったのではないでしょうか。
退職社員側からの書類の要求について、会社が従業員に対し割増賃金の支払義務を負っていながらその支払いを怠っており、かつ、訴訟前の交渉で未払割増賃金に関する資料の提出を求められたにもかかわらず、労働審判が申し立てられるころまで資料を提出しないなど、割増賃金に関する会社の対応は必ずしも真摯とはいえないとして付加金の支払を命じた裁判例もあります。
また、労働審判や裁判となりますと、相手方からの請求に対して、雇用契約書やタイムカード、就業規則について提出しながら反論することもありますし、裁判所の指導により提出するよう強く求められることもあることからしますと、場合によっては請求に応じる場合もあるでしょう。
いずれにしても、書類の開示も含めた方針の決定には、労働審判や裁判を見通した専門的判断が必要となりますので、早急に弁護士に相談をすることです。

社労士の多くは士業に多く知り合いがおります。ご相談されるのが一番です。

関連記事

いよいよ、在職老齢年金も終わりが近づいてます・・・
社労士受験生は必須なところですが、在職老齢年金というものがあります。簡単に言うと、年金をもらいながら働いている人は働きすぎると年金減らされますよ・・・こんな制度です。現状、厚生年金と賃金の合計が50万円を超えると、年金は減らされます。いよいよその制度も無くそう…
予想より早く梅雨明け・・・
いよいよ梅雨明けですね。予想より少し早かったのですが、夏本番とってもいい時期です!社労士受験生も大学・高校・中学受験生も夏本番です。私はすべての受験指導に携わってますので、常に全力指導です。 私が25年続けている中村進学会も熱い講師陣ばかりです。みんな超熱く真…
年金制度改革の方向性(これからの年金の在り方)
厚労省懇談会でまとめられた年金制度改革の方向性です。具体的には以下の4つの適用要件についての議論が行われ、その方向性が示されています。 (1)労働時間要件本要件の引下げについては、雇用保険の適用拡大等を踏まえ検討が必要との見方がある一方、これまでの被用者保険の…
CONTACT

お電話でのお問い合わせ

052-908-4795

電話受付時間 平日9:00-18:00

メールのお問い合わせ

お問い合わせ

24時間受け付け