052-908-4795
電話受付時間 平日9:00-18:00
佐藤なうsato-now

急に!5日前のドタバタ劇

10月も目の前の9/25日、政府は「年収の壁見直し」の方針を決めました。
具体的には複数ある「年収の壁」のうち、130万円を超えたパート労働者らについて、連続して2年までなら扶養にとどまれるようにする案です。この背景には色々な思惑がありそうです。
人手不足が深刻化している中、先日も最低賃金が上がり、インフレも急加速しており、
賃金(時給)が上がる→130万円までに押さえるならば勤務時間は減らさないといけない。
人手不足に更に壁が理由であまり働けないとなると、会社は困りますね。
そんな状況をとりあえず軽減しようとする措置です。
もっと先を見据えますと、2025年に年金制度改正が控えておりまして、
ここで抜本的な改革がなされるまでのつなぎなのではないでしょうか。
実はもう1つ政府は助成金でも誘導しています。厚生年金が適用される企業などで、
働く人が扶養を外れる「106万円の壁」について、年収がおおむね125万円を超えると手取りが増え始めるため、その水準まで手当を支給したり、賃上げを行ったりした企業に対し、従業員1人あたり最大で50万円を助成するとしています。
大きな流れとしてはこちらの方が主流で、基本的には「壁」と言われるものをすべて取りたいのでしょう。
「70万円の壁」なんて言葉も出始めています。社会保障制度の改革も今後見逃せないところですよ!

関連記事

いよいよ、在職老齢年金も終わりが近づいてます・・・
社労士受験生は必須なところですが、在職老齢年金というものがあります。簡単に言うと、年金をもらいながら働いている人は働きすぎると年金減らされますよ・・・こんな制度です。現状、厚生年金と賃金の合計が50万円を超えると、年金は減らされます。いよいよその制度も無くそう…
予想より早く梅雨明け・・・
いよいよ梅雨明けですね。予想より少し早かったのですが、夏本番とってもいい時期です!社労士受験生も大学・高校・中学受験生も夏本番です。私はすべての受験指導に携わってますので、常に全力指導です。 私が25年続けている中村進学会も熱い講師陣ばかりです。みんな超熱く真…
年金制度改革の方向性(これからの年金の在り方)
厚労省懇談会でまとめられた年金制度改革の方向性です。具体的には以下の4つの適用要件についての議論が行われ、その方向性が示されています。 (1)労働時間要件本要件の引下げについては、雇用保険の適用拡大等を踏まえ検討が必要との見方がある一方、これまでの被用者保険の…
CONTACT

お電話でのお問い合わせ

052-908-4795

電話受付時間 平日9:00-18:00

メールのお問い合わせ

お問い合わせ

24時間受け付け