052-908-4795
電話受付時間 平日9:00-18:00
佐藤なうsato-now

生きて行くこと

今朝、こんな記事を見ました。
医師:「この病院に来た理由は何ですか」
男性:「安楽死するためです」
医師:「点滴を開けたら、何が起こるか理解していますか」
男性:「静かに眠りに入り、数分後に心臓が止まります」
医師:「そうです。あなたの心臓は止まって死にます」
男性:「はい」

四肢麻痺の男性が安楽死が合法のスイスで最期を迎える時のやり取りです。
日本では当然認められていません。
この方のフランスも認められておらず、スイスに行って選択をしたと。
交通事故後の耐え難い痛み、もうどうしようもなくこの選択しかないと・・・
安楽死の要件は「耐え難い苦痛」、「回復の見込みがない」、「治療の代替手段がない」、「明確な意思表示」の4つだそうです。「耐え難い苦痛」は肉体的な痛みである必要はなく、精神的な痛みも含まれるとのこと。

賛否両論はありますが、「安楽死」は自ら死を選択すること、
一方、「死刑」に関しては他人が死を選択すること、
両極にある「死」に対する解釈、皆さんはどう思われますか。
正解があるのかはわかりませんが、自身での立場はしっかり考えておこうといつも思っています。
いい機会ですので1日色々探ってみることにします。

関連記事

いよいよ、在職老齢年金も終わりが近づいてます・・・
社労士受験生は必須なところですが、在職老齢年金というものがあります。簡単に言うと、年金をもらいながら働いている人は働きすぎると年金減らされますよ・・・こんな制度です。現状、厚生年金と賃金の合計が50万円を超えると、年金は減らされます。いよいよその制度も無くそう…
予想より早く梅雨明け・・・
いよいよ梅雨明けですね。予想より少し早かったのですが、夏本番とってもいい時期です!社労士受験生も大学・高校・中学受験生も夏本番です。私はすべての受験指導に携わってますので、常に全力指導です。 私が25年続けている中村進学会も熱い講師陣ばかりです。みんな超熱く真…
年金制度改革の方向性(これからの年金の在り方)
厚労省懇談会でまとめられた年金制度改革の方向性です。具体的には以下の4つの適用要件についての議論が行われ、その方向性が示されています。 (1)労働時間要件本要件の引下げについては、雇用保険の適用拡大等を踏まえ検討が必要との見方がある一方、これまでの被用者保険の…
CONTACT

お電話でのお問い合わせ

052-908-4795

電話受付時間 平日9:00-18:00

メールのお問い合わせ

お問い合わせ

24時間受け付け